住宅購入すると生命保険は不要?




みなさん、こんにちは。

今日は住宅ローンと生命保険についての話題です。

(ママ)
だんだんとファイナンシャルの知識がついたね。
(パパ)
わからないことがたくさんあったけど、このブログを読むとよくわかる。
(ママ)
住宅ローンを組むと今入ってる生命保険は要らないって本当かな?
(パパ)
日曜日にホームズ博士が来るので聞いてみよう。

(日曜日)

(ママ)
博士。お久しぶりです。お元気でしたか?
(ホームス博士)
ちょっと北海道の方に仕事で出張していました。夏は北海道に限るね。
(ママ)
早速ですけど、質問があります。
住宅ローンを組むと、今までの生命保険は不要ですか?
(ホームス博士)
金融は専門でないので、どこまで回答できるかわかりませんが、出来る限りわかる範囲でお答えします。

住宅ローンのほとんどは、あらかじめ「団体信用生命保険」という保険がセットになっています。35年固定金利の「フラット35」は、加入が任意ですけど。

(ママ)
じゃあ不要ね。これで掛け金を貯蓄や住宅ローン返済に充当できるね。



(ホームス博士)
保険の仕組みは満期がくると、保険金支払いも終わるけど保証も終わります。
3000万円の生命保険に入って、60歳満期の場合は60歳になった時点でこの3000万円保証は終了します。特約で60歳以降の死亡保険で200万~500万円というのもあるけど保証額は小さいです。
(ママ)
そうそう、こんな感じの生命保険です。パパがいなくなったら困るので掛け金は高いけど加入しています。
(ホームス博士)
住宅ローンは名義人である方が亡くなられた場合、それ以降の住宅ローンの返済が免除されるようになっています。住居に関する債務はなくなりますが、残されたまみさんの生活費や美咲ちゃんの教育費はかかるのですから、この保証は考えたほうがいいです。
(ママ)
もっと違う掛け金の安い保険に入ればいいのね。
(ホームス博士)
県民共済とか比較的保険料の安い保険商品がたくさん出ています。今まで加入していた保険を解約して、新しい保険に入りなおすことで、トータルの保険料を安くできる可能性がありますよ。
(ホームス博士)
詳しくは専門のファイナンシャルプランナーに相談するのがいいでしょう。相談料(10,000円程度)はかかりますが、第三者的なアドバイスがいただけると思います。
(パパ)
保険会社にもファイナンシャルプランナーはいるけど、どうしても自社の保険販売の方向にもっていかれそうだな?第三者的アドバイスが受けれるのがいいね。
(ママ)
今度のパパ休みはいつ?一緒に相談に行こうよ。
その時に先日大雑把に作成した、ライフシミュレーションも持って行ってこれも相談してみようよ。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。