住宅ローン審査に影響 クレカ・車ローン




みなさん、こんにちは。
今日は、住宅ローンとクレジットカードのお話しです。

(パパ)
会社の先輩が住宅ローンの仮審査で借入金額を減額されたって聞いたよ。
(ママ)
先輩は結構なお給料もらっているのでは?
(パパ)
そうでもないよ。僕よりちょっといいくらいだよ。
(ママ)
なにがあったの?
(パパ)
車のローンがあって月々30,000円程度払っているのだって。
(ママ)
住宅ローンみたいに30年間も続くのではないのにね。
(パパ)
ローン残額ではなく、月々30,000の支払いがあるっていうところにローン会社は注目するみたい。つまり1.5%で30年返済で借入した場合は月返済は3,451
30,000÷3,451=8.7
870万円程度の減額だって!!!
(ママ)
ローン会社は安全を見るんだね。先輩はどうしたの?
(パパ)
親から車のローン残額150万円借りて一括返済したんだって。
住宅ローンの本審査通過もしくは引き渡しまでは車のローンは借りないようにするって忠告されたよ。



(パパ)
それとクレジットカードに付いているキャッシング利用枠も住宅ローン審査時に影響するらしいよ。
(ママ)
クレカの支払いはそんなに多くはないよ。
(パパ)
クレジットカードのキャッシング利用枠は使っていなくても、この限度額が借入していると判断されるみたい。実際はキャッシングは利用してなくても。
例えば3枚のクレジットカードを保有している場合。
Aカード:借入限度額 200万円
Bカード:借入限度額 50万円
Cカード:借入限度額 150万円
400万円の借入があると判断される。
違う先輩なんかは、おつきあいで10枚使わないクレカ持っていたよ。
(ママ)
パパもおつきあいで何枚か使わないクレカ持っている?
(パパ)
あるよ。不要なものは早く解約しよう。
CICっていう機関で、消費者のクレジットやローン利用に関する信用情報の収集・管理・提供・開示を行なっていますのでここで開示してもらうよ。

まとめ
クレジットカードは住宅ローンに確実に影響します。

自動車のローンも組んでいる場合、自動車ローンの返済額+クレジットカードのキャッシング枠が125万円以下に抑えるのがひとつの目安。

自動車ローンがある場合:キャッシング枠付きクレジットカードは1枚まで

自動車ローンがない場合:キャッシング枠付きクレジットカードは2枚まで

キャッシング枠の大きさは個人差が大きいところですので、一概に枚数で論じることはできません。あくまでも目安。

車のローンは住宅ローンの本審査通過もしくは引き渡しまでは借りないようにする。

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。