住宅着工数 都道県別ランキング 【鹿児島県】




鹿児島県のホームページはこちら

人口:1,646,915
世帯数:801,769
総務省:平成30年1月1日住民基本台帳人口・世帯数、平成29年(1月1日から同年12月31日まで)人口動態(都道府県別)(日本人住民)

気候・風土、住文化の違いや、世帯年収や人口バランスによって「売れ筋」の住宅会社は都道府県によって異なります。

上位10社を持家・分譲・貸家別に調べてみました。3階建て以下の低層住宅の集計です。

着工戸数ではなく、着工棟数です。

貸家の場合1棟で2LDK4世帯の場合:4戸ではなく1棟で表示しています。
平均床面積(㎡)も記載していますので、どの程度の規模かも予想できます。

持家

29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 4,082 111 4,137 112
山佐産業 1 181 118 1 189 114
七呂建設 2 159 112 2 152 114
タマホーム 3 138 108 3 117 107
レオハウス 4 111 102 5 91 110
トータルハウジング 5 107 102 4 104 102
29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 4,082 111 4,137 112
国分ハウジング 6 102 107 10 78 120
センチュリーハウス 7 100 101 6 89 104
南日本ハウス 8 89 100 10 78 101
積水ハウス 9 86 117 13 70 127
ミサワホーム 10 76 122 9 83 117

分譲

29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 887 99 812 101
アーネストワン 1 144 97 1 117 99
三洋ハウス 2 43 99 6 20 95
国分ハウジング 3 37 101 4 28 105
正栄ハウス 4 32 97 9 17 101
一里山不動産 5 25 98 2 37 100
29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 887 99 812 101
MBC開発 6 25 102 3 34 102
中央ハウス 7 24 101 4 28 103
アイダ設計 8 22 107
タマホーム 9 20 104 11 13 104
トータルハウジング 10 16 87 8 18 90

貸家

29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 344 307 454 342
大東建託 1 75 348 1 118 366
大和ハウス 2 27 326 2 31 396
積水ハウス 3 15 414 3 22 321
東建コーポレーション 4 11 473 3 22 489
弓場建設 5 10 599 3 22 666
29年度 28年度
会社名 順位 棟数 面積 順位 棟数 面積
総数 344 307 454 342
タイセイ工務店 6 9 288 8 5 125
MBC開発 7 7 353 9 4 67
セキスイハイム 7 7 256 6 12 210
ニューイングホーム 7 7 183 14 1 252
晃栄住宅 10 3 79 10 3 74

市町村(H29年度持家着工)トップワン会社

世帯数と着工数で都市の新鮮度合いがわかります
あるいは低層住宅(3階建て以下)ではなく、マンション市場の地域かも?

表示内容
市区町村名 : 【人口】 : 【世帯数】 : 【29年度持家着工総数】 : 【1位の会社】

【県庁所在市】
鹿児島市 : 602,835 : 292,502 : 1,657 : 七呂建設

【人口10万以上の市】
霧島市 : 125,815 : 60,026 : 416 : 国分ハウジング
鹿屋市 : 103,896 : 50,520 : 328 : センチュリーハウス

11年前のランキング上位企業 今のポジションは?

持家着工棟数で2006年度上位15社の会社が2017年度はどこのポジションかを検証してみました。

【企業名】:【2006順位】:【2006棟数】:【2006面積】/【2017順位】:【2017棟数】:【2017面積】で表示

差異を各自計算して変化を分析してみてください。

市場       : -位:4,189棟:125㎡/ -位:4,082棟:111㎡
タマホーム    : 1位: 193棟:125㎡/ 3位: 138棟:108㎡
山佐産業     : 2位: 142棟:130㎡/ 1位: 181棟:118㎡
積水ハウス    : 3位: 126棟:131㎡/ 9位: 86棟:117㎡
大和ハウス    : 4位: 117棟:130㎡/14位: 64棟:128㎡
ミサワホーム   : 5位: 96棟:128㎡/10位: 76棟:122㎡
三洋ハウス    : 6位: 80棟:106㎡/欄外
シンケン     : 6位: 80棟:156㎡/欄外
住友林業     : 8位: 78棟:134㎡/欄外
MBC開発    : 9位: 74棟:134㎡/欄外
セキスイハイム  :10位: 73棟:134㎡/12位: 75棟:110㎡
晃栄住宅     :11位: 51棟:119㎡/11位: 76棟:111㎡
三井ホーム    :12位: 48棟:130㎡/欄外
丸和建設     :13位: 47棟:124㎡/13位: 66棟:110㎡
トータルハウジング:14位: 45棟:108㎡/ 5位: 107棟:102㎡
パナホーム    :15位: 42棟:125㎡/欄外

山佐産業・晃栄住宅・丸和建設・トータルハウジングが増加
市場は100棟近く減少
面積は14㎡減少

2018年度ランキングはこちら









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。