【いい夫婦の日】夫婦に関するアンケート調査(2016版)




まだ1ケ月早いですが、いい夫婦の日の調査結果を眼にしましたので紹介します。

マイホームを考えられる家族は、幸せな家族です。

マイホームは住まいではなく巣まい。つまり子供を育てる場所だと思います。

お互いを信頼して未来に向かってよりよい幸福や子供の成長を望んでいる人が大部分です。

築10年以内の築浅物件の売却で一番多いのは離婚です。

そうならないように、人格を尊重し、パートナーを信頼した生活を永遠に続けたいですね。

11月22日のプレゼントは今から準備しておいた方がいいかな?

 

調査内容

■調査実施者
「いい夫婦の日」をすすめる会

■調査目的
・対象者に対し、夫婦としての現状の「気持ち」、「暮らし」、「コミュニケーションなどの実態とともに「いい夫婦の日」の認知などについて把握することを目的とする。
■調査対象者
・地域:全国
・性別:男女
・18歳~69歳の既婚者
■調査方法
・インターネット調査
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケート専門サイト「アイリサーチ」を用いたWebアンケート方式
■調査期間
・2016年10月14日(金)~2016年10月17日(月)
■有効回答数
・1,000サンプル

F1.結婚前の交際期間

F1:あなた方ご夫婦は、ご結婚前にどのくらいの間お付き合いされてましたか。

結婚前の交際期間について最も高いのは、「1年~2年未満」(24.2%)である。

次いで「半年~1年未満」(22.8%)、「5年以上」(15.3%)、「2年~3年未満」(14.7%)と続く。

・性年代別でみると、男性30代は「2年~3年未満」、男性40代は「5年以上」、男女ともに60代は「半年~1年未満」が最も高い。

・夫婦円満度別でみると、あまり円満ではないは「半年~1年未満」、円満ではないは「半年未満」が最も高い。

F2:あなた方ご夫婦は、現在ご結婚して何年目ですか。

結婚歴について最も高いのは、「10年~20年未満」(21.7%)である。

次いで「1年~5年未満」(19.4%)、「20年~30年未満」(17.8%)、「5年~10年未満」(15.9%)と続く。

・夫婦円満度別でみると、とても円満は「1年~5年未満」が最も高い。全体と比較すると、円満ではないは「10年~20年未満」の割合が全体よりも高い。

Q1:現在、あなた方ご夫婦は円満だと思いますか。

夫婦は円満だと思うかについては、「とても円満」は24.8%。「まあ円満」(50.4%)を合計すると75.2%である。

・性年代別でみると、男女ともに10代・20代は「円満(計)」の割合が全体よりも高い。
・結婚歴別でみると、5年未満は「円満(計)」の割合が全体よりも高い。

Q2:生まれ変わったとしたら、今のパートナー(夫もしくは妻)を選びますか。

生まれ変わったら、今のパートナーを選ぶかについて最も高いのは、「どちらともいえない」(40.8%)である。

次いで「もちろん今の相手を選ぶ」(36.3%)、「別の人を選ぶ」(22.9%)と続く。

・性年代別でみると、男性10代・20代は「もちろん今の相手を選ぶ」、女性60代は「別の人を選ぶ」の割合が全体よりも高い。

・結婚歴別でみると、5年未満は「もちろん今の相手を選ぶ」の割合が全体よりも高い。

・夫婦円満度別でみると、とても円満は「もちろん今の相手を選ぶ」、どちらともいえない、あまり円満ではない、円満ではないは「別の人を選ぶ」の割合が全体よりも高い。

Q3:今のパートナー(夫もしくは妻)を選んだ理由を教えてください。

パートナーを選んだ理由について最も高いのは、「性格」(56.2%)である。

次いで「優しさ(思いやり)」(44.2%)、「フィーリング」(40.1%)、「安心感」(33.4%)と続く。

・性年代別でみると、女性10代・20代 は「フィーリング」「愛情」「安心感」「優しさ(思いやり)」の割合が全体よりも高い。

・夫婦円満度別でみると、とても円満は「愛情」「安心感」「性格」「優しさ(思いやり)」、あまり円満ではないと円満ではないは「なんとなく」の割合が全体よりも高い。



Q4:あなた方ご夫婦が円満であるために、大切だと思うことを教えてください。

夫婦が円満であるために大切だと思うことについて最も高いのは、「話をする・聞く」(55.4%)である。

次いで「程よい距離感(干渉しすぎない)」(49.1%)、「信頼する」(44.0%)、「言葉にして感謝を伝える」(37.1%)と続く。

・性年代別でみると、女性60代は「程よい距離感(干渉しすぎない)」が最も高い。
全体と比較すると、男性10代・20代は「スキンシップをとる」、男性60代は「二人で出かける/二人で散歩する」、女性10代・20代 は「スキンシップをとる」「愛情を口にする」「育児・子供の面倒をみる」「我慢しない(不満をためすぎない)」「言葉にして感謝を伝える」「話をする・聞く」、女性60代は「程よい距離感(干渉しすぎない)」の割合が全体よりも高い。

・結婚歴別でみると、20年以上30年未満、30年以上は「程よい距離感(干渉しすぎない)」が最も高い。

全体と比較すると、5年未満は「スキンシップをとる」「愛情を口にする」「同じ部屋で寝る」の割合が全体よりも高い。

・夫婦円満度別でみると、どちらともいえない、あまり円満ではないは「程よい距離感(干渉しすぎない)」が最も高い。

全体と比較すると、とても円満は「愛情を口にする」「信頼する」の割合が全体よりも高い。

Q5:普段ご夫婦でご一緒にされていることをすべてお選びください。

夫婦で一緒にしていることについて最も高いのは、「買い物」(56.3%)である。

次いで「外食」(51.9%)、「国内旅行」(47.8%)、「ドライブ」(28.1%)と続く。
・性年代別でみると、女性40代、女性60代は「外食」、男性60代は「国内旅行」が最も高い。

全体と比較すると、男性10代・20代は「育児」「料理」「料理以外の家事」、女性10代・20代 は「育児」「外食」、女性30代は「育児」の割合が全体よりも高い。

・結婚歴別でみると、5年未満は「育児」の割合が全体よりも高い。

・夫婦円満度別でみると、とても円満は「外食」「買い物」、どちらともいえない、あまり円満ではない、円満ではないは「特に一緒にしていることはない」の割合が全体よりも高い。

Q6ご夫婦で会話される時の話題について、あてはまるものをお選びください。

夫婦で会話される時の話題について最も高いのは、「お子さんについて」(56.1%)である。

次いで「お休みなどの予定について」(55.9%)、「食事や食べ物について」(53.4%)、「健康・体調について」(47.6%)と続く。

・性年代別でみると、女性60代は「健康・体調について」、男性10代・20代、男性30代、女性10代・20代、女性30代、女性40代は「お休みなどの予定について」が最も高い。

全体と比較すると、女性10代・20代 は「お休みなどの予定について」「ご夫婦お二人のことについて」「ご友人について」「仕事・会社について」、女性60代は「健康・体調について」の割合が全体よりも高い。

・結婚歴別でみると、5年未満は「お休みなどの予定について」が最も高い。

全体と比較すると、5年未満は「お休みなどの予定について」「ご夫婦お二人のことについて」「仕事・会社について」の割合が全体よりも高い。

・夫婦円満度別でみると、とても円満は「ご夫婦お二人のことについて」「趣味・娯楽について」「食事や食べ物について」、円満ではないは「特に夫婦で会話することはない」が全体よりも高い。

Q7:あなたは「いい夫婦の日」をご存知ですか。

「いい夫婦の日」を知っているかについて最も高いのは、「よく知っている」(52.5%)である。

次いで「日にちまでは知らないが、あるのは知っている」(29.0%)、「知らない」(18.5%)と続く。

・性年代別でみると、女性10代・20代 は「よく知っている」の割合が全体よりも高い。
・夫婦円満度別でみると、あまり円満ではないは「日にちまでは知らないが、あるのは知っている」、円満ではないは「知らない」が最も高い。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。