4人家族が幸せに暮らすための”子供との会話時間”は?




アットホームが行ったトレンド調査です。

ー”4人家族が幸せに暮らすための必要な住まいの条件”調査ー

調査概要/1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で、10代の子供2名と、自分と配偶者の計4名で同居している、既婚男女30~50代、計628名(男女各314名)

調査方法/インターネットリサーチ

調査期間/2017年7月18日(火)~7月20日(木)

 

4人家族が幸せに暮らすための子供との会話時間
平均で68.7分
男性は平均50.2分
女性は平均87.2分

やはりママの方が子供との会話時間の重要性は高いですね。

30分未満:9.7%
30分以上60分未満:25.3%
60分以上90分未満:40.4%
90分以上120分未満:3.2%
120分以上150分未満:13.2%
150分以上180分未満:0.3%
180分以上:7.8%

<主な調査結果>

■4人家族が幸せに暮らすために少なくとも必要な家の広さ:平均で89.0㎡
リビングの広さ:平均12.2畳

■4人家族が幸せに暮らせる駅徒歩の限界:平均18.4分
通勤時間の限界:平均57.1分

■4人家族が幸せに暮らすために少なくとも必要な年収:平均882.5万円

■4人家族が幸せに暮らすために少なくとも必要な子供との会話時間:平均68.7分
夫婦の会話時間:平均53.8分

■4人家族が幸せに暮らすために最低限父親がやるべき家事:1位 ゴミ出し
母親がやるべき家事:1位 料理
子供がやるべき家事:1位 食器を流しに運ぶ

■4人家族が幸せに暮らすために絶対必要なもの:1位 食物 2位 住居

■どんな住まいでも愛さえあれば幸せに暮らせる:33.0%

【レビュ-】
おもしろかったのは
「どんな住まいでも愛さえあれば幸せに暮らせる」と考えている人は、33.0%

3人に2人は愛だけでは幸せに暮らせないって回答ですね。

首都圏での調査の為、地方都市においては参考にならない項目もありますが...

家の広さ:89.0㎡
地方都市では130㎡程度ですね。

また駅までの徒歩圏内っていう質問も地方では車2台所有が多いので住まい探しの条件としては下位になるかと思います。

子供のしつけもきちんとされていますね。

子供がやるべき家事
1位 食器を流しに運ぶ 67.2%
2位 自分の部屋を掃除する 62.9%
3位 自分の洗濯物をしまう 56.1%
4位 自分の洗濯物を洗濯カゴにいれる 55.1%
5位 食事の配膳をする 47.9%









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。