窓について考えよう




ママ:博士、こんにちは。
今日も家づくりの講義お願いします。

ホームズ博士:経営資源のなかに「ヒト、モノ、カネ」今は「情報」が追加されて4つの要素となっていますね。

ママ:よく耳にする言葉です。

ホームズ博士:住宅営業をする上で、先輩から教わった4つの要素があります。
一般的には知られていませんが...

ママ:それは何ですか?

ホームズ博士:土地、金、時期、欲求の4つです。
この4つの要素をお客様とコミュニケーションで取得、解決して行くと満足な契約ができると教わりました。今までは資金(お金)に関することを中心にお話ししました。

ママ:知らないことばかりで大変役にたっています。

ホームズ博士:今日は環境についてお話しします。
以前話したように国はZEH住宅を推進しています。

ママ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスですよね。

ホームズ博士:そうです。現在も75万円の補助金の受付をしています。
高断熱(外壁、床、天井、屋根、窓、ドア)な住宅をつくるという中で今日は窓に焦点をあててみよう。

ママ:窓?

ホームズ博士:そうです。窓のない家ってありませんよね。
実はこの窓が重要要素。



ママ:????

ホームズ博士:日本の窓は最低基準です
窓は、熱の出入りが一番多い場所。

夏に外部から熱が入ってくる割合は窓からが74%。
逆に冬は外部に逃げていく割合は窓からが52%です。

ママ:つまり窓の断熱性を高めると、家全体の断熱性アップにつながるのですね。

ホームズ博士:窓は枠とガラスで構成されています。
問題は枠です。

ママ:枠?サッシのことですか?

ホームズ博士:日本のサッシの大半は、枠がアルミでできています。
理由はアルミが加工しやすい、といったことにあります。

ママ:このマンションもアルミですね。

ホームズ博士:材料の熱伝導率の比較
アルミニウム:200W/mK
樹脂:0.2W/mK
木:0.16W/mK
鉄:84W/mK
ステンレス:20W/mK

ママ:熱伝導率は、アルミかそうでないかで約1000倍も異なるの。

ホームズ博士:環境先進国は、窓に対して厳しい断熱基準を設けています。
が...日本ではそうでもない。

ママ:基準がないのですか?

ホームズ博士:米国ニューヨーク州では、熱貫流率1.98(W/m2・K)以上の性能をもつ窓を使うことが義務付けられいます。
樹脂(または木製)サッシ(Low-E複層ガラス入り)以上の窓でなければ家を建てることができません。

ママ:ニューヨーク州がいっている熱貫流率1.98とは?

ホームズ博士:サッシとガラスの組み合わせでの 熱貫流率(U値)

アルミ+単板ガラス:6.51
アルミ+複層ガラス:4.65
アルミ樹脂+Low-E複層:2.33

樹脂+Low-E複層:1.7
木+Low-E複層アルゴンガス:1.5
樹脂+Low-Eトリフルアルゴンガス:1.23

ママ:最低でもこれからは樹脂サッシとLow-E複層ガラスの組合せが必要ってことですね。

ホームズ博士:そうすることによって今の家の7倍の断熱性能が見込めます。

ママ:ストック社会への移行や地球温暖化防止に貢献できて、子供たちにもやさしい未来を提供できるんだね。

 

 

※熱貫流率(U値)とは熱の伝えやすさを表した値です。単位は「 W/m2・K 」

熱貫流率と同じように、熱の伝えやすさを表わす数値として熱伝導率があります。

熱伝導率は材料自体を評価する数値であるのに対し、熱貫流率はそれに加え、その材料の厚さも評価します。

熱伝導率は材料の断熱性能を評価した数値、
熱貫流率は仕様の断熱性能を評価した数値です。

 

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。