加点主義で人と関わる三大要素




減点主義ではなく加点主義で評価
それとプロセスを評価

以下、岩井俊憲氏の「人間関係が楽になるアドラーの教え」からの引用です。

・加点主義で人と関わる三大要素

私たちが他者を評価をするときには、「加点主義」と「減点主義」といつ二つの方向性があります。

加点主義は、「0からどれだけ積み上がっていくか」という発想で相手を見ます。

一方減点主義は、「理想の100点満点からどれだけ点数が減らされるか」という視点で相手を見ます。

人間関係がうまくいかない理由の一つが減点主義にあります。

一方的に理想のラインを相手に押し付け、それに反する行為を減点していく。

「声が高いのが嫌」

「ご飯をごちそうしてくれないのが嫌」

「メールの返信が遅いのが嫌」

...という具合に減点していくと、あっという間に相手に対する苦手意識が根付いてしまいます。

人と上手に付き合うには、加点主義の発想が不可欠です。

加点主義になるためには、次の三つの要素が基本となります。

①共感を持つ

共感とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることです。

たとえば、私の子どもがまだ幼なかったころ、公園に連れて行ったことがありました。

そのときには、一つ自分の中にルールを決めてみました。

「この場では、あれこれ口にだすのはやめて、子どもの目で見て、子どもの耳で聞き、子どもの心で感じよう」

子どもは非常に移り気です。

さっきまで蝶々を追っていたと思うと、次の瞬間には、積み重なった落ち葉を布団にして大の字に寝転がります。

大人の視点から、「そんな、ちょろちょろするんじゃないよ!」「汚れるから寝転がってはダメじゃないか!」というのをやめて、私は子どもの感性にあわせました。

子どもの横に寝転がった私は聞きました。

「今、何をしてるの?」

「僕は葉っぱのじゅうたんに寝てるの」

なるほど、と思いました。

そう思って、空を見上げると、風に流れる雲が上から下へと通り過ぎていきます。

まるで、じゅうたんに乗って空を飛んでいるような、なんともいえない浮遊感です。

私は子どもに共感したことで、子どもの感性に感動したのです。

②未来志向をもつ

相手に一方的な理想を押し付けるから、「できていないこと」が許せなくなります。

「みんなできているのに、なぜできないか」

「こんな簡単な」こともできないのか」

これでは、未来に向かって進むこともままなりません。

人は1人ひとり目標を持って生きています。そして、職場などでは共通する目標持って仕事をしています。

今を出発点として未来の共通目標に目を向けていると、相手の「できたこと」を認めて評価できるようになります。

どこまで行っているか、ペースは速すぎないか、遅すぎないか...。

相手と同じペースで進めながら、一緒にゴールを目指すのが加点主義的な人間関係のあり方です。

相手と一緒にフルマラソンのゴールを目指すそうなイメージでしょう。

③プロセスを重視する

結果ではなくプロセスを重視すると、積み上げた一つ一つの実績を認められるようになります。

「ここまでできた」

「ここまで頑張っている」

「よくやった」

と。声をかけ続けていると、相手と共に学び、共に楽しむ共生関係が育ってきます。

アドラーは「個人はただ社会的な、人間関係的な文脈においてだけ個人をなる」と言いました。

個人は孤立して存在しているではなくて、仲間と共にあるということです。

つまり、加点主義はアドラーが重んじた「仲間」という意識を持つことにつながっているのです。

目次











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。