たとえ子どもだろうと尊敬の念を




タテの関係はダメ。常にヨコの関係を築く。

以下、岩井俊憲氏の「人間関係が楽になるアドラーの教え」からの引用です。

・たとえ子どもだろうと尊敬の念を

アドラーがある家を訪問したときのエピソードです。

アドラーたちは、その日、いったん外で食事をしてから、再び家に戻ってくることになっていました。

留守番役をすることになった子どもが「バイバイ」といって彼らを見送りました。

出かけようとする母親は、子どもに向かって言い聞かせました。

「お母さんは今から食事に行くけども、ちゃんと片付けるのよ」

食事を終えたアドラーたちが家に戻ってきました。

部屋に入ってみると、遊んだおもちゃが周り一面に散らかっていました。

母親は今にも怒りを爆発させそうにしています。

それをみたアドラーが子どもに向かって言いました。

「坊や、上手に散らかしたね。今度は上手に片づけられるかな」

すると、散らかっていたおもちゃは、瞬く間に片付いたそうです。

子どもに対する尊敬、信頼を持っていたアドラーには、このようなエピソードがたくさん残っています。

子どもを一歩的に叱りつけても、自分のいう事は聞き入れてもらえません。

子どもに対して、まるで尊敬する友人のように振る舞うならば、子どもはあなたのいう事を素直に聞くようになります。

相手がたとえ子どもであっても、礼節に満ちた対応が肝心です。

人間に役割の違いはありますが、人間性には上下はありません。

これは大人でも同じことがいえます。

もし、あなたが部下や後輩を持つ立場であるならば、上下関係を意識せず、尊敬の念をもってみるといいでしょう。

目次











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。