「ありがとう」はメールで送ろう




「ありがとう」という感謝の気持ちは記録として残るメールや手紙を使おう
再生されて繰り返し効果があります。

以下、岩井俊憲氏の「人間関係が楽になるアドラーの教え」からの引用です。

・「ありがとう」はメールで送ろう

このように離婚危機を迎えた夫婦にとっても、感謝は関係を好転させる大きな力をもっています。

直接感謝の言葉を口にするのももちろんいいですが、メールや手紙など、記録として残る方法で感謝を伝えると、何度も読み返され、相手のなかで感謝のメッセージが繰り返し再生される効果があります。

また、感謝には、自分が感謝すると相手からも感謝されるというブーメラン効果があります。

感謝されて文句やクレームを言う人はいないはずです。

私たち日本人は、感謝を口にするのが苦手な傾向にあります。

たとえば、あなたが扉の閉まりかけたエレベーターに、急いで飛び乗ろうとする場面を思い浮かべてください。

誰かが「開」ボタンを押して待ってくれていたら、私たちはとっさに「すみません」と言ってしまいがちです。

けれども、これは感謝ではなくて謝罪を伝える言葉です。

ついつい、「すみません」と言ってしまったときでも、「ありがとうございます」の一言を付け加えればよいのです。

謝罪だけのときよりも、謝罪プラス感謝を伝えたときのほうが、相手を大きく勇気づけます。

目次











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。