褒めるのではなく、勇気づける




ありがとう
貢献感をもてる言葉を選ぼう
タテの関係ではなく、ヨコの関係(たとえ親子でも)

以下、岩井俊憲氏の「人間関係が楽になるアドラーの教え」からの引用です。

・褒めるのではなく、勇気づける

人への勇気づけの具体的な方法をお教えしていきましょう。

褒めることと勇気づけることは、しばしば混同されがちです。

確かに二つの行為は、一見すると似ていますが、明確な違いがあります。

褒めることは、一言で言うと外発的動機づけです。

よりわかりやすく言うと、「人が相手を操作するための行為」ということです。

職場では上司が部下の点を評価し、賞賛することがあります。

これによって部下はやる気を出し、生産性を上げようと努力します。

褒めることは一種の評価ですから、必ず褒める人は上司であり、褒められる人は部下という上下関係が前提にあります。

悪い言い方をすれば「アメとムチ」のアメとして褒める言葉を活用しているわけです。

人は、誰かに褒められると、嬉しくなり、もっと褒められたいと考えます。そして常に褒められるために行動するようになります。

逆に言えば、褒める人がいなくなったとたんに、行動しなくなるということです。

小さな子どもに「お片付けができてエライね」というとせっせと片づけるのですが、いくらやっても褒められないとわかると、全く片づけしようとはしなくなります。

これと同じ原理です。

アドラー心理学では、人間関係を「上下関係」としてとらえてしまうことは、精神的な健全さを損なうものとみなします。

アドラーは、上司と部下だろうと、親と子だろうと、等しく横一線に並んでいる人間関係をベストとします。

もし、横並びを前提とした人間関係のところに「褒める」を持ち込むと、前述したように、とたんに「褒める人と褒められる人」という上下関係が生まれてしまいます。

こうした状況をつくらないためにも、「褒める」のはやりすぎない方がいいでしょう。

一方で、勇気づけることは、内発的動機づけです。

相手が自立して、自分で自分を勇気づけられるよう「困難を克服する活力をあたえること」です。

ここにあるのは、評価する/されるという上下関係ではなく、共感し合う対等な関係です。

たとえ人から言われなくても、自分自身で「これをやればみんなのためになるし、自分も気持ちいいからやろう」と考え、自発的に行動するのが勇気づけです。

こうした行動の結果では人間関係に上下が生まれず、横並びの一体感が生まれていくのです。

目次











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。