「会社に行きたくない」から「苦手な人」が生まれる




原因論で考えても悩みは深かまるばかりです

以下、岩井俊憲氏の「人間関係が楽になるアドラーの教え」からの引用です。

・「会社に行きたくない」から「苦手な人」が生まれる

会社や学校に行くのがつらい人は、その理由として「苦手な人がいるから」という理由を持ち出すことがしばしばあります。

「苦手な人がいる」(原因)から「「会社に行きたくない」(目的)という順序での考え方を「原因論」といいます。

原因論は「できない理由」を作りだすのにとても好都合です。

「苦手な人がいるから会社に行けない」

「友だちから嫌われるから学校にいけない」

一見もっともらしい理屈なのですが、ではどうすればいいのかという問いに答えるのは困難です。

自分の力では職場から苦手な人を追い出せませんし、学校から嫌な友だちを消すこともできません。

原因論で考えている人に、「転職すれば嫌な人がいなくなるよ」とアドバイスしても、「でも、職場が遠くなるし大変だし」「残業が多くなると困るし」などと、ほかのできない原因を持ち出すだけです。

原因論で考えても、悩みは深まるばかりでしょう。

目次









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。