人間関係が楽になる アドラーの教え




第1章

・人間関係を作る4つの基本要素

・苦手意識は記憶から生まれる

・苦手な人がいてもいい

・心は時にはウソをつく

・人間関係の「基本的な誤り」

・「会社に行きたくない」から「苦手な人」が生まれる

・これから何ができるか、を考える

・相手の機嫌がわるいのは、自分のせいではない

・人付き合いはトレーニングで上手になれる

・「苦手イメージ」は上書きできる

・イヤな人間関係は「仕事」と割り切る

・気に入らない人の懐に飛び込んでみる

・相手の短所の「ウラ」を見る

・「好き・嫌い」の尺度を捨てる

・人間関係の挫折も。成長するタネ

第2章 良い人間関係は、「勇気」から始まる

・勇気を与えられる人には、苦手な人はいない

・自分を勇気づける4つのルール

・オセロのようにして、自分の気分を高める

・言葉だけでは、人を勇気づけられない

・褒めるのではなく、勇気づける

・「褒め」は人間関係をダメにする

・どんな相手でも、感謝する材料を探す

・「ありがとう」はメールで送ろう

・「ダメ出し」は最悪の手段

・「結果がすべて」という考えをやめる

・人間関係をダメにする「勇気くじき」

・「なぜなぜ攻撃」は嫌われるだけ

・人間関係をダメにする6つのNGワード

・相手の気分に左右されすぎない

・これから出来る2人の「共同の課題」を見つける




第3章 人間関係をこじらせない「感情」のルール

・どんな感情も「目的」から生まれる

・感情は自分でコントロールできる

・人間関係がうまくいかない時の感情

・劣等感は「かけがえのない友」

・仲良くなんかしなくていい

・ギクシャクしていたら「斜め横」から話す

・話すことが見つからない不安は、心の準備のサイン

・不安は人間関係を育てる大事な養分

・恨む気持ちは第三者を通じてゆるめる

・嫉妬を感じたら、相手との信頼を再点検

・「怒ることで何がしたいのか?」を自問する

・許せないことは、過去の体験と比べる

・孤独を感じたら、誰かに貢献できることを探す

・人を近づける笑顔の力

・落ち込みたいときは思いっきり落ち込む

・後悔している過去と折り合いをつける

第4章 心の距離を縮めるアドラー流コミュニケーション

・「わかってほしい」ではなく「わかってあげたい」へ

・相手の関心事を引き出す

・自慢話は優越コンプレックスのせい

・自己イメージを変えるセルフトーク

・セルフトークは人間関係も変える

・人間関係を悪化させる「比較三原則」

・上手に自分の意見を主張する方法

・落としどころを探る「メイク・ベターアプローチ」

・断りにくい要求を受けたときの対処法

・イラッとしたときは逆質問

・注意も「目的」をハッキリさせる

・たとえ子どもだろうと尊敬の念を

・自分と相手の権利は常に平等

第5章 「習慣づけ」で揺るがない関係を築く

・今の習慣に特別な意味はない

・習慣は、今この瞬間から変えられる

・今の行動を「自発的に、不器用」に変える

・「いい人」にならない習慣づけ

・苦手な人と会う前には予備調査

・日記で自分の人間関係パターンを把握する

・仲がいいように振る舞うだけでもいい

・「自分だけが苦手な人」を認めるコツ

・加点主義で人と関わる三大要素

・うまくいく人間関係のサイクル









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

cera

過去に住宅営業を経験して、数々の新築住宅のお手伝いを経験している管理者のceraです。   30~40歳代の住宅購入検討の皆さま及び現場で頑張っている営業マンの皆さまに役立つサイトを目指しています。